【学校の現状】日本の先生の勤務時間は世界最長で「参加国平均38時間に対し日本は53.9時間」(OECD調査)です。EDUPEDIAはこの問題に対して、授業準備の参考となる実践例や業務負担軽減事例を紹介しています。https://t.co/rcqVbFbH3v

日本の教員の仕事時間は1週約54時間で、参加国平均の約38時間を大幅に上回った一方、指導への自信が参加国・地域の中で最も低いことが分かった。日本が調査に参加したのは初めて。

勝った(・ω・)ゞ60時間...休憩あって無いような感じ。但し趣味を兼ねてる。


関連記事