ランニング…百間川南下15分程アップ。帰りは100歩のダッシュを繰り返す。

風の音が(ゴーっと)聞こえるようになった。(やっと)

洗濯/掃除…特に水周りを念入りに行う。/風水は詳しくないが手抜きしたら運気が落ちるらしい。

ラーメン食べて水島へ移動/散髪/今日は猫は留守番/自宅で休憩

DAYSの新刊発見…主人公が落ち込んでいる。

主人公が落ち込まないストーリーは面白くない。…人生も同じだ。

試合出場者の指導…

他大勢はもう一人の先生が指導。…本人にはあえて言わなかったが穴だらけだ。

幼年一人に振り回されている。

遅れてきた生徒に気付いていない。

怒鳴っているが生徒は聞いてない。

楽しくないし上達もしていない。

指導の目標は3っ…生徒が楽しいと感じること/生徒が上達したと思うこと/生徒がやる気になること。

そのために指導者がすることは、自分が楽しむこと/生徒の上達を喜ぶこと/生徒を良くみる事。

特に生徒の表情を良くみることが大切だが…彼はそれが出来ていない。

つまらなそうな顔、別のことを考えている、何も考えていない顔

人数が多いと能力や意欲、理解力を考えて平均的な内容になる。

すると上の生徒が退屈しはじめる。(本人は出来てるつもりだから)…なんらかの工夫が必要だ。

あまりに空回りしていたので、途中からは彼には幼年の指導に専念してもらい

自分が小学生の指導をする。…試合組の流れが出来たので。

最近は説明する時、生徒を正座させて…『身体と目と耳と心をこちらに向けろ』…と言っている。

ついでに鼻の穴と背中も向けろというと結構笑いが取れる(^^)

理想の指導とは程遠いが…なんとか形には出来た。


六年生の女子から修学旅行の土産話を聞く…

2日目は数人のグループで計画して行動。…中学生みたいだな。

清水寺で3時間…買い物に費やし、映画村はカット

あっちこっちで(別の学校の)道場生と会ったらしい。

道場の良いところの一つに、こういったごちゃ混ぜ感がある。

年齢(学年)、性別、学区、初心者~上級者…等々

無菌状態で育った子はアレルギーが起こりやすい。

6年生までやれば、それなりに免疫力(抗体)も出来ているような気がする。

本日は社宅へ移動…遠い(ーー゛)

お休みなさい
関連記事