電通は絶対者 いかなるジャーナリスト、学者も世の中から抹殺することが出来る http://news.j-houdou.com/kusa/keijiban_toko.php?jid=10024&mid=922&r=20

01.テレビ各社の大株主に電通がいる

02.全テレビ番組に必ず広告代理店の社員が配置されている

03.ゴールデン番組の広告枠は電通が買い取っている

04.毎日見るニュース番組は社団法人「共同通信社」の配信記事で電通が筆頭株主

05.広告業には一業種対して一社(一業種一社制)と言う公正取引上の規則があるが電通は守っていない
公正取引委員会の竹島一彦委員長は「電通に対して否定的」な発言をしたため「第二の竹島問題」と言われた

06.電通が一極支配しているのでテレビ各社に出演する有名人は全て電通批判ができない

07.大手芸能事務所も事実上電通の傘下(暴力団も)

08.毎日見る新聞、雑誌、ラジオ、テレビはほとんど電通を意識して書かれたパブ記事(記事広告)が大半である

09.日本唯一の視聴率調査会社「ビデオリサーチ」は元々電通の内部部局で、旧調査局である外資系視聴率調査会社「ニールセン」はビデオリサーチの視聴率調査は嘘ばかりと言い残し2000年に撤退 。故石原裕次郎は電通の支配下であるビデオリサーチを疑いニールセンを信用していたことを自伝で告白

10.現在も電通はビデオリサーチの発行済株式の約35%を保有し、役員も多数出向

11.視聴率は、全体的にかさ上げされて、数字が盛られて発表されている
  占有率のほうが重要。

12.電通のドン、成田豊は、韓国産まれ。
  近年、韓国に大いに寄与したとのことで、韓国から最高等級の勲章を受賞

13.「コネ通」と呼ばれるほどコネ入社が多いことで有名。
  つまり、実態は無能社員ばかりの三流企業

14.不自然すぎる韓流ゴリ押しの真犯人は、電通。

15.売春アイドルAKBをゴリ押しで利益誘導。スキャンダルも揉み消し。 >

関連記事