若さのトレーニング http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=320536

塾では良く上級生の子に下級生の子を教えてもらっているのですが、どの先生も情熱的だなと感心させられます。

●良い意味で下級生が甘えられない

部活でもたった1歳、2歳年上の先輩に見せるあの敬意です!

●良い意味で下級生が甘えられる

部活のあの良き相談相手です!

●さっき通ってきた道だから苦労を忘れていない

私もちょっと前まで同じ苦労をしてきたのよ!私よりイイわよ!ぜんぜんマシ!

●ちょっと前に乗りこえた先輩はとても頼もしい

数年後に自分も先輩のようになれるかもしれない!

●先輩もやっている

先輩がやっている姿を見ると、自分の近い将来の具体像が想像できる!

など他にも良いことがいっぱいです。

それでは私の仕事は??

先輩の先輩になるという感じ。そのために若さを保つことがお仕事です。

●教えることに慣れない!これ重要。

●先輩には、これは遊びではない仕事なのだが遊びでもあるのだの極意を伝授!

●偏差値で言えば30から80まで自在に変えられる可変脳に!すこし訓練が必要><昔の言葉で言えば、不良から優等生までカバー。

●先輩と後輩のやりとりをオープンにする!(クローズドにするような深刻な状況になる前に手が打てるように同化力を発揮する)

などこれも他にもいろいろありますがすべては、塾を続ける限り必要な、若さのトレーニングです。

関連記事