日本人も驚き。「英語ができないのは、幸福な国の証」だった http://www.mag2.com/p/news/140060

外資系の企業であっても、日本の支店は日本人を相手に商売をするからである。シアトルの本社からすれば、彼に求めているのは英語力ではなく、日本人に商品をうまく売り込む能力である。英語は下手でも、仕事ができればいい。実にシンプルかつ合理的な考えである。

関連記事