「あの子は彼氏がいるから告白しない」って言ってる人に対して「お前はゴールキーパーがいたらシュート打たないのか?」って言っててこの言葉結構好き。

キーパー抜いてもそのゴールは動くからな~(ー_ー)!!…


99人に裏切られたとしてもたった1人自分をわかってくれる人と出会えたら大成功やんか

はじめはだれかに生かされて、次第に自分のために生きるようになって、段々と誰かのために生きるようになって、最後は誰かと生きるようになる。何となくそんな生き方が良いなと思った。自分は今、どの辺りだろうか。

昔好きだった人って今も好きとかもう一度付き合いたいとかじゃないけど気になるもの。元気かな?とか今どうしてるかな?とか。連絡は取り合わないけど心のどこかでは気にしてる。一度近づいた人は好きとかじゃなくてもやっぱり他の人とは少し違って特別。

上を見たらきりがない。下を見てもきりがない。横向いたら一人じゃなかった。

彼氏彼女は 「つくる」ものではありません。お互いが気になって、もっとお互いを知りたくなって、その人と毎日でも会いたい、話したいと思い、その気持ちが押さえ切れなくなったら、それは「恋」です

自分がなんの為に生きているかなんて誰も知らない。 知らないから精一杯前に進むしかない。 そうしているうちに、自分が得意なものや嫌いなものが見えてくるようになる。 そうやっていくうちに自分が理解でき、進む道もなんとなく見えるようになる。

道は迷いながら進むものです。

誰かが道を標したとしても、その道が自分にとって正しい道かは解からない。

1. 幸せなときに約束するな2. 怒ってるときに返信するな3. 悲しいときに決心するな

彼氏が欲しいんじゃなくて、いつでも笑い合って側で支えてくれるそんな人が隣にいてほしいだけ。

西武ライオンズの黄金期を支えた石毛宏典さんの言葉。「まずはやってみよう!という素直さ、やってみて何かに気づく感性。この二つがある選手は伸びる。」




関連記事