共に生き、共に死ぬ...日本人の宗教感
http://www.goo.ne.jp/green/business/lesson/jul01-1.html

樹木の生い茂る山の彼方から神の声が聞こえる。それはやがて先祖の声にもなる。地上のいたるところに神や仏の気配を感じることができるのです。

私たちの祖先は、あらゆる自然の中に神を見出すことができた。多神教が生まれる風土に生きていたのだといえます。

関連記事