欧米人にとって、ヒロシマの原爆ドームよりもっとインパクトの強いものがあるはずだった。それが、長崎の浦上天主堂キリスト教会だった。 もし、この教会が、そのまま残されていたとしたら、世界中から人々が訪れ、原爆の悲惨さについて、戦争の真実について、何よりも多くを語っていたと思われる。 では、なぜこの浦上天主堂は、保存されなかったのか?取り壊されたのか?velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/08/11/8150065
関連記事