日本と世界のタブー - 憲法と教育基本法を守り続けよう。 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/46694003.html #ブログ #政党 #団体 #杉並からの情報発信


敗戦後昭和天皇は、マッカーサーGHQ司令官に11回も面談している。

敗戦直後の日本国内は、社会党政権の誕生、共産党の躍進、社会主 義労働運動の先鋭化などがあり、また海外ではソ連の核武装や中国共産党政権樹立があり、昭和天皇はもしも日本で共産党政権が誕生したり、あるいは ソ連や中国が攻めて来たら、自分は戦争犯罪人として処刑され天皇制は廃止されるとの強い危機感があったのだ。

 昭和天皇はマッカーサーGHQ司令官との面談で自分の命と天皇制の存続を米国に永久に保証してもらいたかったのだ。

戦前から保証されていたかもしれんな(ーー゛)…八百長だし


関連記事