DSC_0038_convert_20190213135444.jpg  
垂壁(スラブ)と傾斜(ルーフ)!!


最近…垂壁やスラブでは比較的(思い通り)

登れるようになってきた♪

ようやく(#^.^#)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CLIMBING MAN / クライミングマン
価格:864円(税込、送料別) (2019/2/20時点)



自分なりに考えてみたのだが

自分の本業である空手などの

打撃系格闘技(空手やボクシング)の経験者は

スラブや垂壁に強く


組技
(柔道、レスリング)の経験者は

傾斜に強いのでないかと考えている


打撃系の格闘技は

リラックスし相手に隙を見せないよう姿勢(バランス)を保ち

打撃の瞬間だけ力を入れ

1501859149627_convert_20190220012207.jpg主に押し出す筋肉が使われる

スラブや垂壁では、ブッシュや片足スクワットが意外に多い

組技系では、相手と触れている時間が長く

力の方向を感じ取り有利な体制をつくる

引きつける筋肉が重要で、傾斜でも同じような感覚が必要だと思う


キャンパ出来れば有利だよね(#^.^#)



同じライミングでも

卓球とテニスくらい
違うなあ~と思う!!


得意?(という程でもないが)な理由と

そうでない理由がはっきりし

強化するポイントも見えて来た

2020年の4月の初段の完登という目標は多分

垂壁かスラブになるだろう

ガンバロウ♪




関連記事