1525554244450_convert_20190115013743.jpg  
スラブの怖さを知る!!


最初の頃は、そうでもなっかたけれど

一度落ちて

壁で顔を磨ってからは、

怖くなってきました(+o+)


どうしても完登したい思った課題は


フットホールド小さいし(゚Д゚;)

手に足出来んし!!


やらなかったら出来るはずないので

この曲の詞を口ずさみながら登りました。

恐怖症だらけ
処方箋はその恐怖を
ぶん殴りつづけることだけさ!!

同時に柔軟ちゃんとしないと

いかんなあと思い知らされました。


View this post on Instagram

撮影に成功♪ スラブ・3級 この課題で落下して壁に顔を擦って出血 初めて恐いと思いました。(^o^;) ▫ ▫ 手に足出来んし ▫ ▫ ジブス踏み込めなくなるし 恐怖はぶつかることでしか克服出来ないと知ってたんで 何度もトライしました。 この曲の歌詞通りの心境です。 ▫ ▫ ●音楽(歌詞) ラピスラズリ / THE BACK HORN 一歩また一歩 歩み続けてくんだ 顔が向いてりゃ前向きだろう 一方片一方 探し続けてくんだ 不完全な俺達の世界の果て 電光石火で駆けてゆけ 満身創痍青い空の下で 全速力で走ってく 満足なんてできねぇから 恐怖症だらけ 処方箋はその恐怖を ぶん殴り続けることだけさ 落下傘部隊のように落ちてゆくんだ 孤独な鼓動の叫びを聞いた ▫ ▫ ●捕捉 柔軟…開脚の角度より、脇や背中の柔軟性の方が大切な気がします。 ♯ボルダリング

治療不可さん(@difficult_to_cure_1104)がシェアした投稿 -


クライミング・アウトドア専門店


関連記事