徒然草 第百五十段


これから芸を身につけようとする人が、

「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。

人知れず猛特訓して上達してから芸を披露するのが格好良い」
などと、

よく勘違いしがちだ。

こんな事を言う人が芸を身につけた例しは何一つとしてない。


まだ芸がヘッポコなうちからベテランに交ざって、

バカにされたり笑い者になっても苦にすることなく、

平常心で頑張っていれば才能や素質などいらない。


芸の道を踏み外すことも無く、我流にもならず、

時を経て、上手いのか知らないが要領だけよく、

訓練をナメている者を超えて達人になるだろう。

人間性も向上し、努力が報われ、

無双のマイスターの称号が与えられるまでに至るわけだ。



人間国宝も、

最初は下手クソだとなじられ、

ボロクソなまでに屈辱を味わった。


しかし、その人が芸の教えを正しく学び、

尊重し、自分勝手にならなかったからこそ、

重要無形文化財として称えられ、

万人の師匠となった。

どんな世界も同じである。



関連記事