201707152321236fd.jpg
「ゾーン」に入る♪

5級を(核心を跳ばす)セコイ裏技でやっとクリアー。

やっぱり甘くないと改心し、先ずは6級を全部落とすことを目標に取り組むことにした。

そんな、ある日薄被りの壁の変更が行われた。

白ホールド・7級…見た感じでは、そんなに難しそうには見えないが、皆落ちていく( ゚Д゚)

何故???やってみて分かったが、所謂…クロスムーブ/何それ…力入らんし

同じ壁で上手な人達が2級や3級をセッションしています。

うわ~恥ずかしいな。カッコ悪いな~等と思いながら取り組んでいたが、その内、没頭しはじめた。

周囲の雑音は消え、その課題のホールドしか見えなくなった。そして身体が勝手に動き出す。

クロスムーブは足を先に出すのがセオリーらしいが??(当時は知らなかった)それを自然に行っていた♪
遠いなあ~と思っていたゴールに楽々到達!あれ??とれたみたいな感じで

本業(空手)でも体験したのは数回しかなかった「ゾーン」 …簡単にいうと、極限に集中した状態。

到達する方法に手順があるみたいだが…意識しても出来ない。

毎回ゾーンに入れたら、1級くらいは登っているかもしれない。

今は、初心者が7級や6級にトライしているのを見て、ハラハラしながら応援している。

…あの時も皆、同じ気持ちで見ていたんだなあと思う。

関連記事