ときに「善意」は「悪意」よりも厄介である。 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=325149
関連記事