「ダメな子」とか、
「悪い子」なんて子どもは、一人だっていないのです。
もし、そんなレッテルの付いた子どもがいるとしたら、
その子たちをそんなふうに見ることしかできない、大人たちの精神が貧しい。

手塚治虫の言葉 https://t.co/FqptuNPE2G
(https://twitter.com/g_kotoba/status/778235319170715654?s=09)
関連記事