子ども同士の行き違いが起きたら、お互いの思いに耳を傾けてください。でも、聞きすぎるだけでは「ああだったこうだった」と埒があきません。だからと言って、大人が「~だったんでしょ」と決めつけるのはだめです。解決させようと思う必要はありませんが、どうすべきなのか気づかせる必要はあります。
関連記事