風邪の季節!でも・・・ これでは、なんの為の予防接種か解らない! インフルエンザの予防接種をすることで、気管支炎、肋膜炎、肺炎のほか、「予防」するはずの症状を引き起こすというデータがあります。さらに…二回打つと効果が高いと言われるがhttps://t.co/tMsQZGf93u


1970年代に二重盲検査が実施されました。26万人に対し、被験者には本物のワクチンかどうかわからない状況で、本物のワクチンを接種されたグループとただの生理食塩水を接種されたグループの比較がなされました。

そして、その結果に彼らは驚いたのです。なぜならば、効果が0%であるという結果が出たばかりか、マイナス面が出てきたからです。つまり、ワクチンを投与された人は結核にかかりやすくなるということがわかったわけです。
予防接種を受けないほうが結核にかからないということです。
関連記事