生まれて半世紀。…もはや生きる歴史だ(^O^)…真実はさらされないけれど


昨日も朝早く起きてランニング&チラシ配り…心は29歳のままだ(*^。^*)

生徒が減れば生きていけないので、募集の努力を怠るわけにはいかない。


今日も現場で大丈夫か?この子は???…という場面にぶち当たる。

2人組で練習する時に、相手が見つからず、たたずんでいる。…というパターンだ。

対処方法は決めているので、敢えて指導することもしない。…ヒントを与えるだけだ。考えろ!!!!!

結局、その部分の練習は出来なかった。

ところで…

学校のシステムについて文句ばかりいっているが、実は恩恵もある。

私塾みたいなところは学校で出来ないことをすれば良いのだ。

成績だけで考えれば、学校の勉強についていけない生徒、または授業のレベルが低いと考える生徒がいるから塾が流行る。…ということだ。


うちのチラシを見て自閉症(ぽい)子どもが入会することがある。

電通ではないが…不安を煽り、それが改善されるというキャッチコピーを掲載するからだ。

集中力が無い

人の話が聞けない

落ち着きがない

すぐ泣く

人見知りがある…

出会いと体験が未来を拓く力を育てる/ともだち沢山できる(これは本当)…等々。

実は多くの家庭で(他人の子と比べてるから)悩んでいることを並べているだけだ。

先ほど自閉症(ぽい)といったが、とりたてて問題は無い。実際年齢があがっていくと関係無くなってくる。

また、上記の内容なども時がくれば解決することばかり。

チラシでは改善すると書いてあるが実は違う。

その子の力を引きだす手助けをするだけだ。…但し、ウソを言うわけにはいかないので必死で指導する。


もう一つ…学校システムの問題点を言う理由は…

自分も「考えない」傾向があることを思い知らされることがあるからだ…

考えるとは、教えてもらったことを思いだそうとする作業ではない。…そんなことはスマホ使えば数秒で済む。


少し考えられるようになったのは…

ソフトボール、部活(野球)、人間関係、アルバイト、ギター、受験の失敗(私立高校に行ったこと)、空手、生徒指導、…等の体験が基になっている。

授業で参考になったこと、ユーモアのある先生の授業は楽くて一生懸命取り組んだことだ。

そんな先生は、授業する(働く)ことが楽しそうだった。…よく脱線していたが、それが面白かった。

自分もそんな指導をしたいと、いつも思っている。



関連記事